犬のアレルギー検査


犬も人間と同様アレルギー検査ができます。
採血して検査機関に調べてもらうのです。
私の犬が
受けた検査はスペクトラムラボジャパンという会社のアレルギー検査です。
植物、かび、他の動物の上皮、食べ物、室内のハウスダスト、昆虫など100近い項目で細かく調べることができます。

例えば、植物ではまわりにある植物、ブタクサ、ニワトコ、杉、オリーブ、ぶな、松、ヒノキなどなどです。たぶん日本によくある植物になっていると思います。

食べ物では、牛肉、ウサギ肉、鶏肉、豚肉、卵、ミルク、米、小麦、ジャガイモ、トマト、にんじん、ニシン、かつお、マグロなどです。

室内が面白いのですが、ウール,コットン、カポック、ジュート、タバコの煙、ナイロン、レーヨンなどです。
こんなものもアレルゲンになるのかと驚きです。
カポックはぬいぐるみのパンヤに、ジュートはカーペットなどに使われているそうです。

それぞれについて陰性、擬陰性、陽性、強陽性の4段階で判定されます。

それによって、生活する上で気をつければよいことがわかってきます。
普段の生活で少し気を使うだけで、犬の負担を減らすことができます。

posted by lovedog at 18:30 | Comment(0) | 犬のアトピー検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。