アトピーの犬と耳掃除

アトピーの犬は耳もかなり汚れがひどいです。
内耳も皮膚だからです。

アトピーでない犬に比べて、トラブルが多いです。

耳掃除なのですが、慣れないうちはかなり戸惑うことが多いです。

イヤークリーナーとかイヤーローションとかいうものを使うのですが

犬の耳に液体を注ぎこむのです!
それもかなり多めに!
犬を押さえつけて、液体がこぼれないように
耳のふちを上に持ち上げます。
耳で杯を作るような感じです。
それから犬の耳の付け根部分から汚れを浮き立たせるように
そっともみます。

すると透明だった液体が白っぽく油っぽくなってきます。
汚れが浮いてきたということです。

それを脱脂綿やティッシュでそっとイヤークリーナーごとふき取ります。

あとは犬が勝手にブルブルするので、耳に入ったイヤークリーナーは
遠心力で吹っ飛んでいくはずです。

そのあとでまた耳の水気をふき取って、病院でもらった塗り薬などを
塗りましょう。



耳掃除の頻度は毎日でもいいらしいです。
最低でも週一。
ただ、頻繁に耳掃除するのだったら、品質のよいイヤークリーナーを選んだほうがいいです。
あまり安物で毎日洗うのは、皮膚の弱い犬にとっては
かえってふたんになります。

犬の耳にこんなに液体入れるの?
と最初はすごく驚きました。
慣れるまでは病院でお医者さんにしてもらうときに
耳掃除の仕方を教えてもらいましょう。
posted by lovedog at 17:03 | Comment(0) | 犬のアトピー性皮膚炎とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アトピー性皮膚炎とは

犬のアトピーとは

人間と一緒です。
アレルゲンによって起こります。

簡単に言うと

・アレルギー性の皮膚炎で、
・遺伝的になりやすい体質があり、
・原因物質のアレルゲンが生活環境の中にある。

ということです。

生活環境の中に原因物質があるので、無菌室に入ったりしない限りは
のがれられないですよね。

検査でどのアレルゲンに反応するのかを調べて、強く反応してしまう
ものをできるだけ排除していくのがまず取れる対策です。

アレルゲンを調べる検査は動物病院でできます。
食べ物、植物、カビ、ハウスダストなどなど100を超える項目で
詳しく検査ができます。またいずれ詳しく説明したいです。

たとえば、アレルゲンがタバコの煙だったら、スモーカの方は大変だけど、かわいい犬のためだったら、禁煙できますよ。私もしました。

またオリーブの木がだめということだったら、残念ながら庭にオリーブを植えることをあきらめることになります。

コットンがだめ、という場合もあります。正直、綿製品を生活環境からなくすことはできないです。この場合はコットンは犬に我慢してもらって、他の事でアレルゲンを減らしていけばいいです。

posted by lovedog at 18:47 | Comment(0) | 犬のアトピー性皮膚炎とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。