マラセチアのシャンプー

マラセチアという真菌が

犬の皮膚炎をひきおこしているケースがあります。

犬の皮膚にふつうにある菌なのですが、

皮膚が弱かったり、菌に対してアレルギーを起こしたりすると、

菌が増殖して皮膚炎になります。

通常はケトコナという飲み薬で治します。

症状が長引いたり、マラセチアに対してアレルギーを起こしたりすると、ずっと薬を飲み続けなければなりません。

が、ケトコナの入ったシャンプーが日本でも手に入るようになりました。

マラセブシャンプーといって、動物病院で処方してもらえます。

薬をずっと飲み続けるのはやはり少し怖いし、

薬を飲む代わりにシャンプーで症状が抑えられるのなら

シャンプーを選びたいです。

だいたい5日間隔ぐらいでシャンプーします。

シャンプーをつけて、薬成分を浸透させるため10分ぐらいおきます。

うちの犬は、この時間がいやみたいですね・・・



部分的にあかいところはあるものの、

皮膚の状態は薬を飲んでいた時と同じくらい良い状態を

保てています。
posted by lovedog at 23:49 | 自宅でできる犬のアトピー対策 シャンプー編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。